東大大学院生ママの育児日記

東大博士課程在学中の1歳児ママです。育児に関するいろいろや研究についてゆるゆる綴りたいと思います☆

【2歳】インターナショナルプリスクールの体験レポ!結論から言うと最高!

2歳半の娘,まだ一度も預けられたことなどなく,私も夫もフレックス制の在宅ワークなこともあり,常にパパとママと一緒!完全にぬくぬくと育ってきました。

毎日が楽しそうで,母としては本当に嬉しい限りなのですが,最近イヤイヤ期っぷりが大爆発!

 

イヤイヤ期,たとえばこんなの↓

white-coco.hatenablog.com

もうどうにもこうにもいかなくて,これは他の人の手を借りるしかない・・・!と思い立ち,またまた習い事を探し始めたのでした。

 

そこで今回出会ったのが,インターナショナルスクール!なにげなく行ったのですが,それが予想以上にすばらしくて・・・・!

この記事では,そこで私がみたものをまとめてみたいと思います!

(※あくまでも私が訪問したスクールについての情報です)

 

他の習い事はよければこちらをみてください^^↓

white-coco.hatenablog.com

 f:id:white-coco:20201122143353j:plain

インターナショナルプリスクールって親も英語できなきゃダメ?

無料体験の申し込みも英語だったりするのか?と少し不安になりながら,HPをみて,とにかく勇気を出して電話してみました!すると,普通の日本語で普通の受け答え。あっけなく予約できました。

内容は,通常のクラスのうち,10−12時(お昼ご飯まで)に親子で参加可能とのこと!子どもの飲み物を持ってくるように言われました。

実際に行ってみると,超フランクな先生たちがお迎えしてくれました!

クラスの先生たちは,いきなり呼び捨て(英語だからあたりまえか・・・?笑)でずっと通っていること変わらず接してくれました。日本人のバイリンガルの先生も,私に対してもほぼタメ口での対応(笑)。げきゆるで,なんとなく私には合っている,ほっとした気持ちになりました。

名前や年齢などは少し英語で聞かれましたが,結論からいうと親の英語は全く不要!

何の問題もありませんでした。

 

通っている子供達の様子は?

プリスクールにお邪魔したのですが,プリスクールは未就園児対象ということで2・3歳の子どもたちがいました!そして,全員日本人

全然予備知識なく行ったのですが,インターナショナルプリスクールというのは,英語習得を目的とした日本人のためにあるというのが一般的なようです。

先生以外が日本人だらけだったし,まだ2・3歳ということで話したりとかはまだないんだろうなぁとおもっていたらびっくり・・・!というのも3歳の子たちは英語を話しまくっていたのです! しかもみんなめちゃめちゃ楽しそう!

 

どんなことするの?

開始後30分間は,自由にすきなおもちゃで遊ぶ時間。

もちろん先生と一緒に英語で遊びます。我が子は大好きなアルファベットパズルと,絵本の読み聞かせに参加。それからおままごとセットでも少し遊びました^^

自由遊びの時間がおわると,clean upの音楽がかかって,みんなお片付けモードに!我が子は家でほとんどルールがない状態で育ってしまっているので,「まだあそびたい!」と頑なにパズルを死守していましたが,お友達たちにパズルの一部をお片付けされてしまって,いつの間にか自分もお片付けしてできておりました!

親がどれだけ言ってもダメなのに・・・お友達の力は本当にすごいですね!

 

サークルタイムでは,お名前,今日の気分,お天気,歌,絵本,ダンス,色,などなど楽しく教えてくれます^^

自由時間のあとはサークルタイム!これがほんとすごくて・・・。

このパートのイメージとしては幼児教室といった感じです。ただ,幼児教室と全然ちがうのは超アクティブラーニングってこと!具体的にはこんな感じ↓

  • 名前:お歌に合わせて1人ずつ大きな声で言える!
  • 今日の気分:1人ずつ前にでて自分の気分にあったカードをとり言える!(3歳の子たちは「I am happy! Because...!」のような形で言える)
  • ダンス:こどもたち超ノリノリ!
  • 色:色を学ぶだけじゃなくて,その色を走って教室内で探し回る!(色オニみたいなやつ)
  • 絵本:日本人の先生では考えられないほどドラマチックに呼んでくれるのを聞く!

それも全員が超積極的に参加していたことが衝撃で,文化の差を感じたのでした。

 

クラフトの時間

感謝祭に因んで,ターキーのペーパークラフトをしました。我が子はシールが大好きなので,シールメインで作らせてもらったようです。

 

ランチタイム

持ってきたお弁当をみんなでたべます。もちろん,「いただきます!」などの挨拶はありません(笑)。

私たちは体験なので,ランチタイムの前までで解散予定だったのですが,我が子がまさかの帰りたくながって「帰らない!!!!」と大声で駄々をこねはじめました!そして,それをみた先生から「スナックとか持ってる?」と。なんと柔軟な考え!と感動しながら,お言葉に甘えて,一緒にスナックを食べてから帰りました。

ランチ中も子どもたちは,英語やら日本語やらでしゃべりまくってました。

 

体験にいった2歳半の反応は・・・

肝心の我が子の反応は,唖然!と言った感じ(笑)。

でも,帰りたくないとだだをこねたあたり,楽しかったのではないかと思います^^

ただ,たった2時間の体験だったのに,刺激が強すぎて私もかなり疲れた・・・!というのが正直なところ,以前EQWELチャイルドアカデミーに通っていましたが,その何倍も刺激が強かったです笑

 

初めての子はやっぱり泣くらしい!

実際に通っているお友達たちはとっても楽しそうだったのですが,先生曰く,初めての母子分離ではみんなやっぱり泣くらしい。1ヶ月くらいは泣くらしい・・・。でもそれを乗り越えれば,こんなにたのしめるのかなぁ?いろいろ不安はありつつも,通室させたい気持ちがふつふつと湧いてくるのでした。

 

まとめ

以上,インターナショナルプリスクールの体験について,とっても主観的にまとめてみました。 私が見学に行ったどの保育園のこどもたちよりも楽しそうでメリハリがあって,通えば,我が子もこの中に入れるのだろうか,と少しワクワクする気持ちになりました。

我が家は通室するかまだ検討中です(かなり前向き)が,是非お近くにある方は覗いてみてください^^

 

 

 

↓参加してます^^ぽちっとよろしくお願いします^^

東大生ブログランキング