東大大学院生ママの育児日記

東大博士課程在学中の1歳児ママです。育児に関するいろいろや研究についてゆるゆる綴りたいと思います☆

【イヤイヤ期】4ヶ月ぶりに椅子に座るようになった娘

イヤイヤ期,みなさんいかがですか・・・?

我が家は壮絶です。こだわりが強すぎて,一度決め込んだら数日とかいうレベルじゃなくて何ヶ月もそのままいっちゃうのが娘の特徴です(笑)

 

例えばこんなの↓。もう3ヶ月超えました・・・。

white-coco.hatenablog.com

 

先日,子育て支援員さんに,うちの子(2歳半)はこだわりが強いことや感覚過敏?のようなエピソードから,「発達障害の気質」,最近の言葉で言うと「気になるこども」だと言われました。

 

でも!最近イヤイヤ期の出口が見えつつあり,なんだか変化が・・・!

その一つが,4ヶ月ぶりに椅子に座るようになったこと!

椅子に座ってくれなくて困っているかたがいたら励みになれば嬉しいです^^

 

どうして椅子に座らなくなったか

きっかけは,たぶん,実家で椅子に座らない生活を1ヶ月を送ったこと

食事中も拘束されないので,歩き食べをしまくり,とっても楽しかった様子。

それから,たぶん,コロナ禍の影響で何かしらを察知し,お外で1人で椅子に座ることに抵抗が出てきたこと。椅子に直接座るのは断固拒否で抱っこで座ることにこだわり始めるようになりました。

そして,極め付けは,ベビーカーに無理やり乗らされたこと

考えてみれば,彼女なりのいろんな理由があったのだなぁと思います。

 

座ってご飯を食べてほしい・・・

おうちでの娘の椅子は主に,こちらで紹介したストッケのTRIPP TRAPP

white-coco.hatenablog.com

こちらの椅子は本当に万能で,子どもも今や大好きなので,素晴らしいことに間違い無いのですが・・・,上記のようなエピソードなどが重なりこの椅子にも座らなくなってしまいました。ということで,3食ずーっと食べ歩き,というか,走りながら食べる日々(;;)

目標は再び,この椅子に座ってご飯が食べられること!

そのためにいろいろなことをしました!

 

座るようになるまでの4ヶ月に試したこと!

1)椅子自体に変化をもたらした

もういまの状態がいやなのだと思って,ちょうどいい機会と捉えTRIPPTRAPPのベビーセットを卒業^^ただの階段みたいにすることで椅子で遊んでもらおうとしました。

 

2)リビングの模様替え

とにかく「椅子に座りたく無い→癇癪」の流れを断ち切る必要があると思い,思い切ってリビングを模様替え。いったん椅子なしで生活するスタイルに切り替えました。椅子は寝室のはしっこの方にあえて追いやってみました。

すると自分から高いところに登れる面白いものだと思って,登り始めました。

 

3)コロナ禍でも児童館や支援センターにいきまくり,インターに通わせ始めた!

コロナ禍でお友達に会う機会が減って,秩序を守ることと無縁の生活になっていることも原因の一つだと思いました。自粛も大事だけど,コロナ禍のこどもへの影響は計り知れないとも思い,積極的にお友達のいる場に連れて行きました。

椅子に座り始めた少し前にインターナショナルスクールに行き始めました。これが決定打となったかもしれませんが,通室前からかなり椅子への抵抗感は減ってきていたようにも思います。

 インターについてはこちら↓

white-coco.hatenablog.com

 

4)椅子に登れるようになったら,「登る,降りる」の手順をわかりやすく細かく説明した。

例えば,椅子に登ったらすぐ降りるときには,「背中をぴったりくっつけてね」というとしばらく座ることができる。それから,降りるときには,「まずたちあがって,くるくるっと回って,手でしっかりもって,片方の足から降りてね」と言うと,その通りやってくれました。

 

ダイレクトにアプローチしたらダメ。本人の意思を待つしか無い

結局,やらせようと思って「座れるかな?」とか言い続けるのでは,うちの子の場合,効果が無いことがよくわかりました。急がば回れ。なんとか他の方法で仕向けて,あたかも自分の意思でできるようになったかのように演出する,ということが必要なようです。

靴履かない問題には何を仕向ければいいのだろう・・・(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

手作りフラッシュカードの紹介ー!

こんにちは。今日はフラッシュカード についてです^^

うちの子(2歳半)は,2歳までEQWELチャイルドアカデミーに通っていました。

今は私の都合がつかなくなってやめてしまったのですが,そこでのレッスンはとても良いものでした!だから,おうちでもできることは続けたいなと思って,勝手に「おうち教室」と称して頑張っています。

その取り組みの一つがフラッシュカード

今日はおうちで取り組むフラッシュカードについて書きたいと思います^^(写真付き)

 

フラッシュカード は質より量!?

私ははっきり言って,そうだと思っています!

大量の情報をインプットすることが大事!

だから,例えばとても高くて裏面もみっちり情報が書いてあるようなフラッシュカードを1-2種類だけもっていてもダメ。(というか子供はすぐに覚えてしまいますから,すぐにものたりなくなります)

とにかく種類が必要だと思います。

私も既製品のフラッシュカードも持っていますが,既製品で揃えるのはお金がかかりすぎる・・・というのが現実。そこで,自分でどんどん作ることにしました。

 

既成品フラッシュカードのおすすめはこちら↓(フラッシュカード 作りのお手本としていくつかは持っておくと良いと思います)

くもん出版 世界の国旗カード 1集 - メール便不可

価格:1,320円
(2020/12/22 15:55時点)

 

あす楽対応 くもん kumon さんすう算数カード 5点 セット (かず、たしざん、ひきざん、九九、とけい)

価格:5,940円
(2020/12/22 15:56時点)

フラッシュカードってどうやって作る?

いるもの

  • 台紙
  • はさみ
  • のり
  • PCとプリンター

作り方

  1. 台紙を用意する。
  2. PCで自分で決めた好きなテーマで素材を集める。
  3. 画像をwordにはりつけて台紙に合うサイズに印刷する。
  4. 印刷したものを台紙に貼るのにちょうどよいサイズに切る。
  5. のりではる。
  6. 台紙の裏面にそのカードの情報をかく。(読み上げ用)
  7. 台紙の材質上手が滑る場合は,めくるときにもつところにセロハンテープを貼って滑り予防。
  8. タイトル台紙をつくる。

我が家の場合,1-3は私がやりますが,4-8は娘と一緒にやります。

はさみやのりの練習になるし,なにより本人が作ることをとても楽しんでいるので,おすすめです!

 

うちの手作りフラッシュカード

一部のご紹介ですが,こんな感じ。

f:id:white-coco:20201222154234j:plain

テーマにかなり偏りがありますね。。笑

私や娘が興味あるものや,季節のものを扱いたいなーと思っています。

 

一番最近作ったのはこちら↓

f:id:white-coco:20201222160817j:plain

 

私が好きなのはこちら↓

f:id:white-coco:20201222160855j:plain

 

娘が一番好きなのは,金魚と名画です(写真なくてすみません><)

これからも楽しみながら作っていこうと思います^^

お読みいただきありがとうございました。

 

【2歳半】くもんのドリルでアルファベットが書けるようになってた話! 

こんにちは。今日は,インターナショナルプリスクールに通い始めて1ヶ月,英語愛が止まらない2歳半娘が,ひとりでアルファベットを書けるようになっていたお話です。

 

 インターについての過去記事はこちら↓

white-coco.hatenablog.com

white-coco.hatenablog.com

 

インターは初めての母子分離でとても心配していましたが,初回から一度も泣くこともなく,とにかく楽しんでいる様子の娘!

そして,おうちでもとにかく英語やアルファベットが気になる様子です。お洋服も英語が書いてあるものしか着ません^^;

 

くもんのドリルが素晴らしすぎた!

英語愛が爆発中の娘に,この1ヶ月おうちでとりいれたのが,3−5歳向けのくもんのドリル「はじめてのアルファベット」

[書籍のゆうメール同梱は2冊まで]/はじめてのアルファベット[本/雑誌] 3・4・5歳 (えいご) / くもん出版

価格:726円
(2020/12/22 15:19時点)

1日5枚くらいのペースかなぁと思っていたら,毎回「まだやる!まだやる!」とせがみ,1日20ページくらいを数日やって最後のページにたどり着きました。

基本は,全て線をたどるワーク。娘の場合,これは問題なくこなしていましたが,所詮はなぞっているだけ。白紙に文字を書くというのはまだまだ先だろうと思っていました。

なぞるのは得意なので,あっという間に最後のページに到達してしまいましたが,最後のページはなぞる線がありません。

そこで私は,これはまだ早いなと思って,「これでおわりー」と言ってそそくさと片付けてしまいました。。

そしてキッチンの片付けをしていたら,「ママー!〇〇ちゃん(自分の名前)書いたー!」と声が!見てみると,最後のページを1人で出してやっていたのでした。

 

その写真がこちら↓

f:id:white-coco:20201222150938j:plain

 

これで「わたしできる!」と味をしめた娘は今はいろんなところにアルファベットを書くようになりました。

 

まだ早いって決めつけちゃダメだね

この最後のページ,私は「まだ早い」と思って片付けてしまっていましたが,たまたま娘の手の届くところにあってよかったー。。決めつけってよくないなと反省したのでした。

ひらがなは・・・

ところで,ひらがなはというとちょうど1年くらい前の1歳半頃 EQWELチャイルドアカデミーに通っていたのもあってひらがなブームが爆発していました。

そのころはかなりの文字が読めたのですが,今はかなり忘れたみたい・・・!

こどもって覚えるの早いけど,忘れるのも早い!

継続が必要なのねーと思いました。

 

ちなみにEQWEL通室の記事もあります↓

white-coco.hatenablog.com

 

ではではまた〜!

↓ぽちっと応援よろしくお願いします⭐︎

東大生ブログランキング

【2歳半】プリスクールではじめての母子分離!

先日,娘と2人で訪れたインターナショナルプリスクール。かなり好感触だったので,何かの縁を感じここで初めての母子分離をしてみることにしました!

いつかこの日が来るだろうとは思いつつ,2歳半までずーっと一緒にいたので数日前から本当にドキドキしていました。

でも,いざやってみると,案外あっけないものでした。

我が家のケースではありますがご紹介してみたいと思います。

f:id:white-coco:20201125174202j:plain

プリスクールの親子体験レポはこちらです↓ 

white-coco.hatenablog.com

 

別れの時があっけなさすぎた・・・

あらかじめスクールの先生から9割の子供が泣くと聞いていた初回。離れる時に泣くことを想定して,数日前からいろんなパターンを想定して頭の中で練習していました。別れの時には,バイバイとか頑張ってとかは言わない,「ママは近くにいるからね」「すぐに迎えにくるよ」と言おうと決めていました!

我が子,2歳半になっても常にどこでもだっこ希望で,常にくっついてくるタイプ。いきなりギャン泣きはしないと思ったけど,絶対に口がへの字になる,その時に私が笑顔でしっかりしてなきゃだめだぞ!と言い聞かせていました。

 

でも実際はと言うと・・・「あっちに楽しいパズルとブロックがあるみたいだよ!」というと,ひとりでさーっといってしまって,別れの言葉を言う間もなかったです。

そのあとちょっと振り返ったので,「近くにいるからね〜」と言ってみましたが,すぐにおもちゃの方に突進して行きました。

 

それでいいんだ!と思い,思い切って去ったけど・・・涙

こどものことがめちゃめちゃ気になる。

  • 今頃に私がいないことに気づいて泣いているだろうな・・・。
  • 裏切られたと思っていないかな・・・。
  • 迎えに行く時はどんな顔をしてどう声をかけようか・・・。

などなど。

何も事前予告されずに母子分離となってしまったこどものことを思うと,涙が溢れてきてそわそわそわそわ。本屋さんにでも行って自分の本でもみようと思ってたのに,結局こどもの本と鉛筆だけ買って直帰。お家に帰って家事をしてしまいました・・・。

 

2時間後,迎えにいったらなんか楽しそう?!

お迎えに行って,子供がどうしているかしばらくこっそりみていました。

飲まず食わずの2時間を過ごしただろうと思っていたので,実際にみてみると,超リラックスしておやつを食べたり,お気に入りの水筒でゴクゴクお水を飲んでいました。

我が子,椅子に座って食べないブームなので,1人だけ椅子には座ってなかったけれど,なんか楽しそう?おやつを全部食べて,めっちゃ褒められて嬉しそう(笑)。本当にほっとしました。

先生にママきたよー!と言われても,娘には「あ!」と言って指差されただけで,「かえろー!」と声かけましたが首を横にふる娘(笑)。

すぐにこっちにきましたが,しがみついてくるようなこともなく,この場で楽しく過ごせたみたいで安心しました。

 

でもやっぱり泣いたのか?

おやつは楽しそうだったけど,やっぱり泣いたかな,おやつで元気になったのかなとおもっていたら,どうやら,一切泣いていないらしい!

ダンスもちょっと踊ったらしい。普通だったらしい!

 

不安は尽きないけど,やってみてよかった!

案外あっけなくのりこえられた初めての母子分離。母としては本当に安心しました。

でも2回目はどうなる?今回は,なんだかよくわからないままはじまってよくわからないまま終わったから泣かずに済んだのかもしれません。不安は尽きないですが,とりあえずやってみてよかった!

はじめての母子分離を迎えることにドキドキしているままたちの励みになれば嬉しいです。

 

↓ぽちっと応援よろしくお願いします⭐︎

東大生ブログランキング

【2歳】インターナショナルプリスクールの体験レポ!結論から言うと最高!

2歳半の娘,まだ一度も預けられたことなどなく,私も夫もフレックス制の在宅ワークなこともあり,常にパパとママと一緒!完全にぬくぬくと育ってきました。

毎日が楽しそうで,母としては本当に嬉しい限りなのですが,最近イヤイヤ期っぷりが大爆発!

 

イヤイヤ期,たとえばこんなの↓

white-coco.hatenablog.com

もうどうにもこうにもいかなくて,これは他の人の手を借りるしかない・・・!と思い立ち,またまた習い事を探し始めたのでした。

 

そこで今回出会ったのが,インターナショナルスクール!なにげなく行ったのですが,それが予想以上にすばらしくて・・・・!

この記事では,そこで私がみたものをまとめてみたいと思います!

(※あくまでも私が訪問したスクールについての情報です)

 

他の習い事はよければこちらをみてください^^↓

white-coco.hatenablog.com

 f:id:white-coco:20201122143353j:plain

インターナショナルプリスクールって親も英語できなきゃダメ?

無料体験の申し込みも英語だったりするのか?と少し不安になりながら,HPをみて,とにかく勇気を出して電話してみました!すると,普通の日本語で普通の受け答え。あっけなく予約できました。

内容は,通常のクラスのうち,10−12時(お昼ご飯まで)に親子で参加可能とのこと!子どもの飲み物を持ってくるように言われました。

実際に行ってみると,超フランクな先生たちがお迎えしてくれました!

クラスの先生たちは,いきなり呼び捨て(英語だからあたりまえか・・・?笑)でずっと通っていること変わらず接してくれました。日本人のバイリンガルの先生も,私に対してもほぼタメ口での対応(笑)。げきゆるで,なんとなく私には合っている,ほっとした気持ちになりました。

名前や年齢などは少し英語で聞かれましたが,結論からいうと親の英語は全く不要!

何の問題もありませんでした。

 

通っている子供達の様子は?

プリスクールにお邪魔したのですが,プリスクールは未就園児対象ということで2・3歳の子どもたちがいました!そして,全員日本人

全然予備知識なく行ったのですが,インターナショナルプリスクールというのは,英語習得を目的とした日本人のためにあるというのが一般的なようです。

先生以外が日本人だらけだったし,まだ2・3歳ということで話したりとかはまだないんだろうなぁとおもっていたらびっくり・・・!というのも3歳の子たちは英語を話しまくっていたのです! しかもみんなめちゃめちゃ楽しそう!

 

どんなことするの?

開始後30分間は,自由にすきなおもちゃで遊ぶ時間。

もちろん先生と一緒に英語で遊びます。我が子は大好きなアルファベットパズルと,絵本の読み聞かせに参加。それからおままごとセットでも少し遊びました^^

自由遊びの時間がおわると,clean upの音楽がかかって,みんなお片付けモードに!我が子は家でほとんどルールがない状態で育ってしまっているので,「まだあそびたい!」と頑なにパズルを死守していましたが,お友達たちにパズルの一部をお片付けされてしまって,いつの間にか自分もお片付けしてできておりました!

親がどれだけ言ってもダメなのに・・・お友達の力は本当にすごいですね!

 

サークルタイムでは,お名前,今日の気分,お天気,歌,絵本,ダンス,色,などなど楽しく教えてくれます^^

自由時間のあとはサークルタイム!これがほんとすごくて・・・。

このパートのイメージとしては幼児教室といった感じです。ただ,幼児教室と全然ちがうのは超アクティブラーニングってこと!具体的にはこんな感じ↓

  • 名前:お歌に合わせて1人ずつ大きな声で言える!
  • 今日の気分:1人ずつ前にでて自分の気分にあったカードをとり言える!(3歳の子たちは「I am happy! Because...!」のような形で言える)
  • ダンス:こどもたち超ノリノリ!
  • 色:色を学ぶだけじゃなくて,その色を走って教室内で探し回る!(色オニみたいなやつ)
  • 絵本:日本人の先生では考えられないほどドラマチックに呼んでくれるのを聞く!

それも全員が超積極的に参加していたことが衝撃で,文化の差を感じたのでした。

 

クラフトの時間

感謝祭に因んで,ターキーのペーパークラフトをしました。我が子はシールが大好きなので,シールメインで作らせてもらったようです。

 

ランチタイム

持ってきたお弁当をみんなでたべます。もちろん,「いただきます!」などの挨拶はありません(笑)。

私たちは体験なので,ランチタイムの前までで解散予定だったのですが,我が子がまさかの帰りたくながって「帰らない!!!!」と大声で駄々をこねはじめました!そして,それをみた先生から「スナックとか持ってる?」と。なんと柔軟な考え!と感動しながら,お言葉に甘えて,一緒にスナックを食べてから帰りました。

ランチ中も子どもたちは,英語やら日本語やらでしゃべりまくってました。

 

体験にいった2歳半の反応は・・・

肝心の我が子の反応は,唖然!と言った感じ(笑)。

でも,帰りたくないとだだをこねたあたり,楽しかったのではないかと思います^^

ただ,たった2時間の体験だったのに,刺激が強すぎて私もかなり疲れた・・・!というのが正直なところ,以前EQWELチャイルドアカデミーに通っていましたが,その何倍も刺激が強かったです笑

 

初めての子はやっぱり泣くらしい!

実際に通っているお友達たちはとっても楽しそうだったのですが,先生曰く,初めての母子分離ではみんなやっぱり泣くらしい。1ヶ月くらいは泣くらしい・・・。でもそれを乗り越えれば,こんなにたのしめるのかなぁ?いろいろ不安はありつつも,通室させたい気持ちがふつふつと湧いてくるのでした。

 

まとめ

以上,インターナショナルプリスクールの体験について,とっても主観的にまとめてみました。 私が見学に行ったどの保育園のこどもたちよりも楽しそうでメリハリがあって,通えば,我が子もこの中に入れるのだろうか,と少しワクワクする気持ちになりました。

我が家は通室するかまだ検討中です(かなり前向き)が,是非お近くにある方は覗いてみてください^^

 

 

 

↓参加してます^^ぽちっとよろしくお願いします^^

東大生ブログランキング

冷凍宅食NOSH!

 便利な冷凍宅食について以前紹介しました↓

white-coco.hatenablog.com

その中のNOSH,もう一回食べたいなぁと思っています^^

実際に届いたものはこんな感じです。

f:id:white-coco:20200624155144j:imagef:id:white-coco:20200624155150j:imagef:id:white-coco:20200624155153j:imagef:id:white-coco:20200624155159j:image

ママたちはみんなじゅうぶん頑張っている!家事はラクしましょう!

 

「NOSH」!若者の味!美味しかったです。

 

2ヶ月弱一度も靴を履かない2歳半の子のこと①

我が子,早いものでもうすぐ2歳半。

シルバニアファミリーとお絵かきが大大大好きな一見普通の(?)女の子です☆

なのですが,実はここ2ヶ月弱,彼女は一度も靴を履いていません。

理由は,本人が拒絶するから。じゃあベビーカー で移動しているのかというと,ベビーカーにも一度も乗ってくれず,抱っこ紐もだめで,全部移動は裸足で前向きだっこです!!笑

娘は大きい方ではないけれど10数キロの娘をだっこで運び続けるのは本当に大変で,私は15分の移動が限界。パパはかなりすごくて先日1泊2日の軽井沢旅行をオールパパだっこで乗り切りました・・・脱帽です。

ここまで読んで,甘やかしすぎなのでは?と思われた方もいるでしょう。

でも,もういろいろ手を尽くしてやった結果,とことんだっこして連れまわそうという方針になったのです。

これを読んでくださっている方の中で,どうやったら靴を履いてくれるようになるかアドバイスがあればなんでもお願いいたします!!

この靴履かない事態には,本当にいろいろなことを考えさせられているので,ここに少し記録しておきたいと思います。

どうして靴を履かなくなったのか

本人でないのであくまでも推察ですが。

うちはファーストシューズからシューフィッターさんに靴選びのご相談をしていたのですが,我が子は足が細めということでずっとアシックスのナロータイプを愛用していました。

3代目のアシックスを履いて毎日楽しくお出かけしていたのですが,実は靴がどんどん小さくなってきており,7月くらいから新しいアシックス靴を用意していました。でも新しい靴は嫌だというので結局そのまま10月まで小さいものを履いてしまい,さすがにサイズアップしなきゃと思い,またまたシューフィッターさんのところに連れて行ったのです。

そしてお店で新しい靴を見るなりイヤイヤ期も相まって絶対履きたくないということで大癇癪をおこすことになりました。それでも試着だけはと思って半ば無理やり試着させ新しい靴を購入。全てが終わった頃には,新しい靴も嫌だし,前の靴も嫌だし,ベビーカーも嫌だし,何もかも嫌!たった数分の出来事でしたが,その状況がそのまま2ヶ月弱続いています。

娘は今基本的になんでも「いや!」だし,それに従って小さい靴を吐き続けたら足に悪いしとか思いつつ,やっぱり,無理やり試着させたのが失敗だった・・・。それがこんなに後に引くなんて思いもしなかったのです。

正確には,今靴を履かないのもその時の感情を今もありありと思い起こしているから,というわけではないでしょう。きっと,その後の私の対応が悪かったのです。

実はこれが初めてじゃない!前回は2〜3ヶ月靴で歩かなかった!

我が子,かなり手強く実はこれが初めてではありません。前回は,1歳半〜1歳9ヶ月頃,靴を履いて歩いていません。この時も靴のサイズアップが必要で新しい靴に切り替えた時でした。

この時は,だんだんとお外で歩くとすぐに抱っこを求めるようになってきて,履いていたアシックスがきつくなってきたのかなぁ,やっぱりナロータイプだといやなのかなぁ,と思い,初めて他のメーカーの靴(イフミー とかファッションブランドの)を買いました。

3足試して初めはどれも履くのは嫌がらなかったけど一歩も歩かない状況が続いて,結局またアシックスを買いました。

アシックス を買った頃には履くのも嫌がるようになっていたけど,半ば無理やり履かせるとそのあとはそこまで抵抗もなく,このころブームだったシャボン玉をしたいがためにスタスタ歩き出したのでした。何度かそのようなことがあって,いつの間にか普通に靴を履いて歩くになっていました。

結局普通に靴を履いて歩くようになるまで2〜3ヶ月かかり,その間はほとんどお外遊びができませんでした。

靴を履いてほしくて試したこと

1)なんとか履かせてから興味を逸らし,いつの間にか歩くという状況を目指した

以前の経験を生かして,まずは,無理やりでも履かせてからシャボン玉のような魅力的なアイテムを与えていつの間にか歩くことを目指しました!

しかし,前回とは比べ物にならないほど力も強くなっていて,大人2人がかりでも履かせることができません。履かせてもすぐに自分で脱いでしまって,履いた状態をキープできない。普段あげていない「ジュース」をあげてみたり,我が家はテレビなし育児なのでみせたことがなかった「スマホ動画」をはじめて見せてみたけど何の効果もなし。娘の大好きな金魚の問屋さんで,たくさんの金魚さんたちを前にした時だけは数歩歩いたけど,またすぐに思い出して大癇癪。

今回は,1歳半の時と違って,興味をすり替える大作戦は失敗に終わりました

むしろ,ここで大人2人がかりで無理やり履かせたことで,またまた大癇癪となってしまい,「靴はぜっーったい嫌なもの!」とレッテルを貼ってしまったかもしれません。

2)らくらくな靴を買ってみた!

靴履かない状況がはじまって1ヶ月,半泣きで家庭支援センターで相談しました。。

すると「ヒラキのスリッポンは?」と予想外な提案が!

我が子,実はこのころ服も着なかった(後述)ということも併せて相談したら,「人一倍皮膚が敏感なんじゃないかなぁ。だからブカブカでも履いたり抜いだりしやすくて締め付けの少ない靴なら履いてくれるかも!」と。なるほど,そうね,理由があったのね,ごめんね!と思ったのでした。

そして期待して買ってみたのですが,履きやすさなどを検討するステップに行き着くまでもなく,遠くからみた瞬間イヤイヤ炸裂!玄関にくるたびに睨み付けているので,とりあえずそっとしておくことにしました。

そして,次に,買ってみたのは「ソックスシューズ」!それも娘がだいだいだい好きなライオンのです。これがお家にやってきたときには,「ライオン君だぁ〜〜!!!」と行って大興奮!いきなり手にとって大笑いしてくれたので,これは期待大!と思ったのですが,,,いざ履かせようとすると大癇癪。しかも足をブンブンふりまわしてすぐに脱いでしまいました。

そしてそして次に,クロックス的なやつ,かいました!もう,外にでるのがハードル高いのならと思い,お家の中にそっと置いておく作戦。数回触ってあとは知らんぷりですが,もうこれは放っておくことにしました。

3)旅先で,靴にキラキラシールをはってごっこ遊びをしながら徐々に足を入れる作戦!笑

前々から予定していた軽井沢旅行。まさかこの日まで靴問題が解決していないとは思わなかったけれど,いつもと違う環境は何かが変わるチャンス!と思いポジティブに考えました。

11月の軽井沢。0度も下回る日もある中,幸いまだ暖かいお天気の日だったので,なんとか履いてくれた靴下のみで公園あそび(笑)。でも寒くて地面も落ち葉も湿っており,あっという間に足はとっても冷たくなってしましました。

そこで,事前に用意しておいたキラキラのケーキのシールをたくさん靴に貼る遊び開始!自分で貼りたいと言ってくれたので,はじめて靴に触れることができました!そして,靴下についているパンダさんにそのケーキを食べさせる遊びに発展。なんとか癇癪なしで,靴に足を1秒入れることができました!でもまた嫌な思いをすると,ちゃんと履ける日が遠のく気がしたので,その日はそこまで。

4)靴を履かないのは抱っこしてほしいから?

おばあちゃんたちから,「靴履かないのはだっこしてほしいからじゃない?」という意見が。ということで,数日間「靴を履けば抱っこしてあげる」というスタンスに切り替え。この作戦では大泣き連発!そして,お出かけ自体が嫌になったのか家を出たがらなくなったので,この作戦をやめました。今でもお出かけ前に「このままでもいい?」(靴履かなくてもいい?)と聞いてきます。。

ネットで探しても1ヶ月以上靴履いていない2歳児のお悩みなんて見つからなかった・・・

そんなこんないろいろ試してはいるのですが,全然解決しておらず,解決するイメージもつきません。ネットで調べても,「同じ靴しか履きません」とかはあってもずっと靴を履いていない2歳のお悩みは見つけられなかったし,ママ友に相談にしてもどうしたらいいかわからないと・・・そりゃそうだよね,母である私もわからないから。

ということで,ここに書き残してみました。同じ境遇でお悩みの人がいらっしゃったら励みになれば嬉しいです。

おわりに

2歳半の娘が靴を履かなくなった経緯と,靴をはいてもらうために試したことについてまとめてみました。もし,何かこうしたらいいんじゃない?などあれば,遠慮なくなんでもご意見お待ちしています!

そして,我が子,実は靴だけじゃない・・服も靴下も帽子もゴムも身につけるものは全て拒否です(笑)。でも今,少しずつこれらの問題が解決に向かっています。そして,どうやって完全解決に向かうか,どうやってふたたび靴を履けるようにするかについて次の記事で書きたいと思います。ぜひ,また読んでくださいね!