東大大学院生ママの育児日記

東大博士課程在学中の1歳児ママです。育児に関するいろいろや研究についてゆるゆる綴りたいと思います☆

【幼児教育】EQWELに通い始めて3ヶ月の娘の様子

幼児教室についてたくさん検討した結果、1歳からEQWELチャイルドアカデミーに通っています⭐︎今回は、EQWELに関する勝手な評価と、通い始めて3ヶ月の最近の娘の様子をかいてみたいと思います。

f:id:white-coco:20190908175051j:plain

幼児教室の比較についてはこちらの記事をお読みください。

white-coco.hatenablog.com

EQWELチャイルドアカデミーって良い?満足度は?

私たちが通っている教室は、大変良いです!満足度は80%です。

良いと言う理由は、親も楽しいし、娘も楽しそう。親子でEQWELに行くのを楽しみにしています。

通い始めてからの変化は、言える言葉が爆発的に増えたことと、ほとんどの言葉(話)を理解できるようになったこと。ただ、これは発達のプロセス上、EQWELに通わなくてもこのようになったかもしれず、EQWELの効果であるかは定かでありません。(そもそもEQWELの純粋な効果を測ることはできないと思われます。)

レッスン自体は本当に満足なのですが、満足度100%でない理由は、ちょっと物足りないと感じることが多々あるためです。詳しくは後ほど。

しかし、なんでも吸収してきたこの3ヶ月間、EQWELなしの生活は考えられませんでした。通いはじめて本当によかったです!

語彙が爆発的に増えた(1歳3ヶ月)

EQWELにまだ通っていない10ヶ月くらいから「ママ」「パパ」をはじめ「どうぞ」「バナナ」「パンダ」などなど簡単な単語は日常的に使うことができていた娘ですが、1歳を過ぎ、その比ではないほど爆発的に言葉が増えました。

家の中でも、レストランでも、ベビーカーでも、EQWELでも、支援センターでも、うちの子はとにかく大きな声で喋りつづけております。

例えば1歳3ヶ月のいまはこんな感じ。

  • 我が家には、リビングとお風呂に2枚別々のあいうえお表があり、そこに載っているほとんどのものの名前がわかる。(単語を言えば指がさせる)
  • カエルの歌、隣のトトロ、散歩、ちょうちょうなど、手を叩きましょうなどの歌を一人で歌う。
  • 大好きなことばは「救急車、ピーポーピーポー」「カーキャリア」「時計」
  • 手遊び歌が手振りつきでできる(グーチョキパーで何作ろう、ちょうちょうなど)
  • 「多い」「重い」「冷たい」などの概念がわかり言葉として使用できる。
  • 何か書きたいときに「書く(描く)」と言う。
  • 「ハート」「星」「三角」「四角」「丸」などが識別できすべて言える。
  • 大人の会話をほぼ理解している。
  • 大人の会話で出てきた単語などをすぐ真似る
  • ほぼ一日中喋っている。
  • 私のことを下の名前でよびはじめた。(ママとも言うけど。)
  • 名前を呼ぶと手をあげる。何歳って聞くと人差し指を立てる。
  • 電話の真似が大好きで一人で受話器を持ったふりをして「うんうん」と言う。
  • 大人がゴロゴロしていたら、指をさしてすぐに「ねんね!」と指摘する。など。

EQWELでの様子

そんな娘のEQWELでの様子です。

  • フラッシュカードは超真剣にみている。
  • 手先を使った課題(ものを瓶に入れるなど)は、簡単なものだと初めからやらずに床に投げ捨てる。
  • ものを二つもって先生に「どっち?」と逆質問しだす(先生の真似)。
  • 大好きな「時計」のレッスンがないと、途中から「時計!時計!」と言い出す(早く時計だして!という意味)。
  • 「ねがつく言葉」のフラッシュカードで「ねんね」がでてきて本当に眠くなる。
  • 百玉そろばんが好き。
  • 一人で椅子に座るのはいやなので、今でもママのお膝でレッスンを受けている。
  • 鉄棒やバランスボールなどの運動は全て嫌なので、運動の時間はほぼ泣く。(でも泣きながら鉄棒に捕まって頑張ったりもする)

EQWELの効果ってどのくらいあるんだろうか?

「七田」は東大生の幼児期の習い事ランキングで必ず上位に上がってくることで有名ですが、私自身も、EQWELチャイルドアカデミーの前身である七田チャイルドアカデミーに1歳から通っていました。

それゆえに、おそらくEQWEL(七田)式の子育てや考えがもともと身についており、EQWEL のレッスン内容は日頃家でやっていることばかり、という印象。

それでもEQWELに行く理由は、私は娘と「先生と生徒」の関係になれないからです。おうちではとことん自由な遊びの中でいろいろなことを吸収してほしい。だから、先生的なことは全てEQWELにお任せし、家でフラッシュカードをやるのをやめました。

それで私としてはかなり気が楽になりました。

EQWELの効果については正直不明です。冒頭で申し上げた通り、幼児教室の効果は測ることができないと思っています。(ベビーパークなどはIQなどを算出していますが、講師がつけた点数に過ぎず、また自然な発達の過程による影響を除外した純粋な値ではないと思います)

しかし、自分がコーディネートする子育ての一部の役割を担ってもらうための習い事としては十分な価値があると思います。

EQWELに通っていても家ではずっと動画を見せていたら意味はないし、逆にお家でしっかり自分流の子育てがでいるのであれば、高いお金を払って幼児教室に行く意味などないと思います。

とはいえ、子育てって毎日安全無事に終えることだけで本当にたいへんなのですが。

理想を語ってみました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

↓ぽちっと応援よろしくお願いします⭐︎

東大生ブログランキング